SPORTS SCIENCE LAB アビリティ測定

昨日は、SPORTS SCIENCE LABにて、アビリティ測定!!

4つの計測で一番怖い…。

めちゃくちゃつらいんやもん。これ😢

アビリティ測定はコチラに詳細のってます↓↓

https://sslab.tokyo/#

4月の計測を終え、5月に捻挫をしてしまったため、計測は半年ぶり…。

あーーー、緊張…。

「まだいける、まだいけるよーー!!」

「はい、こっからこっからーー。」

もう手をあげたい!!

と自分と葛藤しながら足を動かし続けました😂😂

まずは結果を。

VO2MAX (4月)68.2    (10月)61.5

運動中に体内に取り込める酸素量を数値で表したもので、心肺能力の指標。

下がった原因として、疲労の蓄積があると考えられます。

これは、何が原因!改善!!っていうことがなかなかできないので、あまり気にしない!

AT値        (4月)174   (10月)173

AT値走速度  (4月)5’05 (10月)4’28

これはフルマラソン適正ペース!約30秒上がってる!これは収穫!!

捻挫した分、気持ちいいペースで走る(ペース走)機会が多くなったことで

毛細血管の拡張や細胞への酸素運搬能力の向上したことが1つの要因だと思います。

インターバル走でスピードを向上させていくことも向上につながりますが

私にはこっちのトレーニングが適していたよう♪

結果は、三田さんがフィードバックしながらいろいろと教えていただけるので

次のトレーニング法や改善点を学べるので、すごくわかりやすいです☺

三田さんに「足の接地はめちゃくちゃいいです!」とほめられ素直にうれしい(^^♪

ただ、苦しくなってきたときのもう一歩の伸びがなく、速い動きが欲しい…。と。

なので、これから練習後は、100×5~7の流しを取り入れ、動きを作っていくことに!

4月からの写真と比べるとフォームが違う…。

上半身がリラックスしていて、お尻がグッと入っている!!

コレはR-bodyで姿勢の意識を指摘され、やってきたことが成果に出ている♪

IRONMAN台湾では、まだまだ長い距離に慣れていなくて歩いてしまったりしたけど

この冬、しっかり長い距離の対策をして、IRONMANで4時間切りします!!!

だって、この結果やとフルマラソン予想タイム3時間8分やもんね…(笑)

トライアスロンの場合

バイクの動きや疲労により、大きくランに影響してくるので

私の場合、バイク強化をメインにしたほうがいいな。と、今回の計測で思いました。

まだまだ成長できる~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする