3ヶ月に一度のコナチャレフィードバック

昨日は、久しぶりにKONA Challengeメンバー集結!

KONA Challengeは「P.D.C.A」で成り立っています。

フィードバックは

上記の図でいう「Advice」

トレーニングや生活、様々なことをしっかり振り返り、竹谷さんからのフィードバックをもらいます。

振り返る内容は様々。

4~7月にレースに出場した方は

レースの内容、よかったこと、悪かったことを中心に。

レース以外には

4月の計測結果と7月の計測結果を比べ、「なにをした」「よかったこと」「悪かったこと」など具体的に話して、数値と見比べていきました。

私は、5月に捻挫をしてから

なかなか思うようにトレーニングできなかったけど

前記事「姿勢」や「今の状態からなにができるか」を常に考え、行動してきました。

その結果、3種目だけでなく、コアの部分をじっくり見直すことができたし、あまりマイナスな気持ちで日々を過ごすことがなかった😊

それもきっとKONA  Challengeがあったからだと思う。

一人で細々とトレーニングしていたら

「怪我をしてなにもできないし、えーい!遊んじゃえーーーっっ」ってなっててもおかしくなかった😑😑

だけど、

3ヶ月後にフィードバックある。

そこで成長した自分を竹谷さんやメンバーの前で堂々と胸を張っていれるのか?

みんなトレーニングしているぞ。自分それでいいのか?

などなど、かなーり刺激になっていました。

実際、フィードバック会は本当にすごい。

みんなの前でこの3ヶ月を振り返り話すとなると、一度しっかり振り返ることができる。

話していると

「あ、あれもそうだった。これをやったからなのかな?」なーんて

深く掘り下げることができて、それに対して竹谷さんは的確にアドバイスをくれる。

私の場合

竹谷さんからの一言目

「そもそもなぜトレランをやったのか」

まぁたしかにそうだ。おっしゃる通りです…😞

大学の頃、「怪我のリスク」に備えて

いろんなことを我慢していた。

確かにコナのスロット獲るぞーって言いながら全くリスクを考えていなかった😑😑

ただ、コアを意識していたこともあり

2ヶ月しっかりトレーニングしてなかった割には

違和感なく走れるし、自転車にものれる。

とにかく痛みが出る前に

予めできることをやっておくことが当たり前になりつつあるのでいい傾向♫

ほかのメンバーのフィードバックを聞いていても、面白い。

特に印象的だったのが、巽さんのDHバーの話。

コナチャレのメンバー比で見ても男性よりも女性は少ない。

その分、コナに出場している割合も同じくらい。

別に女子だから!とかそういうのではないけど

やっぱり、「DHバーが怖い」「バイクメンテナンスが…」など

女性にとっては難しいこともある。

でも、絶対やった方が速くなるし、強くなるし、できて当たり前の人がトップにいく😂✨

なんか女性企画でできないかなーーー

なんてフィードバックで考えていました。笑

それ以外にも

IRONMANに出場した方の話を聞くと

自分がレースに出たイメージをして、無駄に緊張したけど、ワクワクしたしwww

一方で

補給食やレースと計測したときのワット数など

もしコナチャレがなかったら何も考えずにレースでてたなーー。なんて思うと

「まだまだ自分は無知だ…」と改めて不安にもなったり、なんとも情緒不安定でした😶😶笑

なんせ、フィードバックで集中して6時間も話を聞いていられるのは

メイクスさんのセッティングしてくださる会議室が集中力を高めてくれる😭👀

皆が見れるスクリーンに綺麗な机にほんと集中できる…。

さらに、今回はコナチャレドリンクまでっっ🤤

なんて素敵なおもてなしーーーー!!!!

(お写真は小泉さんから頂きました!ありがとうございますっ)

その後の懇親会も

まぁ、盛り上がる、盛り上がる。

この3ヶ月で沢山のことがあったコナチャレ。

アッキーのコナチャレ卒業

森田さんの院内松葉杖走

まさかのレギュラー昇格発表

とほんといろいろあるなー。

だからこそおもしろいチャレンジ企画。

  

軌道に乗り始めたコナチャレ🏊‍♂️🚴‍♀️🏃‍♀️

見てくださってる皆さまがこれを機に

もーーっとトライアスロンが楽しめるように。

コナが遠い存在ではなく、目指せれるものとして切磋琢磨できるように!!

さぁ、顔晴りますよーーっっ😊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする