IRONMANTaiwan SWIM編

IRONMAN Taiwan 振り返り

SWIM編

(SWIM 3.8km  58分16秒  Av.1’32)

スタートまでのスケジュールはざっとこんな感じ

3:30  起床

3:55  ホテル 出発 → 歩いてバス停のある「discoveryhotel」へ

4:00  バス出発

4:20頃 スイム会場到着

4:40  トランジションチェック・準備

5:00~ ストレッチ、ボケボケタイム

5:40  スイム試泳

6:10  スイムスタート

前日は、交通事故に遭い、そのあとトランジションの準備をバタバタ🥺

その後、日本人briefingのため

打ち合わせなど行い、170名を前に説明(コレ地味にめちゃ緊張した)等をこなし

18:00ぐらいにはぐったり…。(笑)

傷口も痛みがあったし、グダグダ考えても仕方ないと、20:30にふて寝( 一一)www

一度も起きることなく、気持ちよく3:30に起床。7時間寝れたので十分。

私の場合

☆起きてからすぐに行動できる

☆何時間前にご飯食べなきゃ気持ち悪くなるとか一切ない

なので、ぎりぎりまで寝ておきたいタイプ。(笑)

着替えながら朝ご飯を食べる。朝ご飯は、昨晩スーパーとパン屋さんで購入。

麻糬 きな粉味(台湾のお餅 日本のヤマザキ櫛団子みたいに売ってた、おいしい~)

ウインナーの入った総菜パン(昨年行ってお気に入りになったパン屋さんで購入)

アイスコーヒー

ちゃっちゃか準備し、のんびり歩いて、discoveryhotelへいき、バスに揺られながら会場へ。

バスの中ではずっと音楽聞いてた♪

aftershokz

バスのアナウンスや会場でのアナウンスも聞き取れて

好きな音楽も流れるので、やっぱり素敵😭

スイム会場つくと、雨!!!雨!!!!雨やんっっ。www

B522CBEF-C810-4434-881C-C13CFB5DB9C4

全く雨の予想はしていなかった…。けど、若干防水の入った長袖ジャージを着ていたので問題なし。

むしろ「路面温度冷えるから、バイク暑くない!?ラッキー!」ぐらいな気持ちで準備。

一通りの導線(スイムアップからトランジション抜けるまで)を確認して

屋根のある場所で待機、ストレッチなどをしながら補給。

ホテルが準備してくださったバナナ

SPURT 1つ

私ではなく、台湾チャレンジメンバーの外山さん!

同じタイミングでSPURT摂取✨

雨もましになり、すこーし明るくなってきた☆

5:30まで肩回りのストレッチをやりまくり、荷物を預けて、いざ海へ!!!

SWIMコース

前日、水温が26.2℃のため、ウェットスーツ着用禁止に。

私としては、事故で傷を負った部分をウェットスーツで隠して、ダメージを減らしたかったので、とても複雑…

見た目の穏やかな雰囲気とは違い、fastブイあたりでカレントが起きていたり等で

スイムコースが2周回から3周回へ。

トライウェアは、どうしても肩回りの動きが制御されて、3.8km泳げないと判断し

練習用水着にて、挑むことに!!

この水着が、ぽろり事件へと発展する…。

入水チェックをしようか迷ったけど、やっておかないと不安になると判断し、いざ海へ!!

いあたーーーーーい!!!しみる…。やばい….。

でももうどうしようもないので、さっさと上がり、エイドで水をたくさんもらい傷口洗浄w

スイムスタートは、5秒毎に5人ずつスタートする。

できるだけ前でスタートしたかったので、前のほうにいくと

私と同じエイジで、スタートリストからチェックしていたUSAの選手が横にいた( ゚Д゚)

でかい…。コーチみたいな人が指示を出している…。

ここはあえて、彼女の後にスタートをしよう!そしたらバイク・ランでタイム差がわかる!!

6:00スタートの予定が、なかなかスタートせず、10分ほど遅れてスタート!!

横に太朗さんがいて、なんだか安心。ありがとうございました♪

USAの選手の5秒後にスタート!狙い通り

入水後、傷が疼く…。顔が歪みながらも脈拍も上げたいし、痛みも忘れたいのでダッシュ!!

周りを見ながらつけそうな選手を見つけ、外人の背の高い男性の左脇に入りコバンザメ泳法♪

この時点で痛みはどこかへ吹っ飛んだので、あとは楽しむだけ!!!

周りはやはり泳げる選手が集まっているので、ストレスフリー。

思っているほど、波もなくコースロープも見えるので、ブイよりもロープを見ながら泳ぐ。

ちなみに今回ゴーグルは、クリアレンズにしました!

2つ持っていって、レースギリギリまで悩んだ故、まだ太陽が出ていなかったのでクリアに🌊✨

壊れたとき、天候等トラブルはつきものなので、ゴーグルは絶対2個必要!!!

スイムで一番きつかったのは、一度浜に上がり、また入水すること…。

ものすごい脈拍が上がって、本当にきつかった。

2周目、3週目の入水する時手足がしびれて、「くぅうう~~」って毎回うなってた。www

で、2周目に事件は起きる、そう「ぽろり事件

2周目入水後、3名程度のパックが出来、全員外人の男の人で、つきやすい!!

fastブイ曲がって、横につけず後ろについた瞬間

私の谷間に前を泳ぐ選手の足が するっと 入り、水着が びょーーーーんって。wwww

で、なんかいきなり抵抗が増えたと思ったら、私の左乳がポロリしている…👀💥

これは、大変!!手をまわしている場合ではない!!!!www

急いで水着を元の位置に戻し、再泳。危ない危ない…(´・ω・`)

透明度高くて、水中動画もあったので、撮られてたらほんまアウトやった😂👏

2周目アップでGARMINのタイムを確認すると38分くらい。

おっ、これは1時間切れる!!いいペース♪

3周回目は、もう一段階ピッチをあげて、ペースアップを図る。

周回遅れの選手と入り交じり、ごった返していたけど

みんな波に流されて泳いでいて、どんどんブイから離れていたので、特に問題はなかった!

ただ平泳ぎ集団は、さすがにストレス…( ´⚰︎` )

平泳ぎやからまっすぐ泳げてるけど、キック怖すぎる~~~~😱

スイムアップして、それなりの坂を駆け上がり、トランジションへ。

今回神がかってたのは、トランジション。

水着を脱ぐ → スポブラつける → トライウェア着る → SPURT補給

バイクピックアップ → 乗車

これらを4分15秒でやり遂げた。

女性ならわかるであろう、スポブラうねうね問題。濡れているとスポブラが絡まり時間がかかる…👙

焦らずに、水着を脱いだ後、バスタオルで全身しっかり拭いたのが良かった!!!!!☺️

そんなこんなでSWIMは、目標通りのタイムで泳げて、ベリーグッド!!!

しかし、トレーニングを振り返るとスイムの練習量が一番少ない。

今回は、アドバンテージがあって泳げたものの

来年のKONAに向けて、スイムの環境は整えていかないと戦えない…。

SWIM環境が今後の課題!!

BIKE編へ続く…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする