KONAチャレメンバー通信簿 by TK

今、目標に最も近いのは誰?
いちばん伸びているのは?
プロジェクトリーダーTKが
独断と印象にもとづき採点!

採点基準

今現在の各メンバーの実力を、スイム、バイク、ラン、フィジカル、レース結果の5項目において、各10点満点で診断。
50点満点中、40点以上をKONA出場レベルと想定し、今の進捗状況を定期的にグラフ化していきます。

2019年3月

グラフをタップすると採点内訳が見られます。

岡田さん24

スイム:3
バイク:6
ラン:6
フィジカル:6
レース:3

中野さん15

スイム:3
バイク:3
ラン:4
フィジカル:3
レース:2

永堀さん31

スイム:7
バイク:4
ラン:8
フィジカル:6
レース:6

山田さん33

スイム:4
バイク:8
ラン:7
フィジカル:7
レース:7

巽さん28

スイム:5
バイク:4
ラン:7
フィジカル:6
レース:6

東度さん27

スイム:5
バイク:4
ラン:6
フィジカル:6
レース:6

仲村さん24

スイム:5
バイク:5
ラン:5
フィジカル:5
レース:4

牧野さん30

スイム:6
バイク:6
ラン:6
フィジカル:6
レース:6

須田さん32

スイム:5
バイク:7
ラン:7
フィジカル:6
レース:7

河口さん15

スイム:3
バイク:3
ラン:3
フィジカル:3
レース:3

菅野さん15

スイム:3
バイク:3
ラン:3
フィジカル:3
レース:3

小泉さん15

スイム:3
バイク:4
ラン:2
フィジカル:3
レース:3

まごちゃん31

スイム:7
バイク:5
ラン:7
フィジカル:7
レース:5

岡田さん24

スイム:3
バイク:6
ラン:6
フィジカル:6
レース:3

中野さん15

スイム:3
バイク:3
ラン:4
フィジカル:3
レース:2

永堀さん31

スイム:7
バイク:4
ラン:8
フィジカル:6
レース:6

山田さん33

スイム:4
バイク:8
ラン:7
フィジカル:7
レース:7

巽さん28

スイム:5
バイク:4
ラン:7
フィジカル:6
レース:6

東度さん27

スイム:5
バイク:4
ラン:6
フィジカル:6
レース:6

仲村さん24

スイム:5
バイク:5
ラン:5
フィジカル:5
レース:4

牧野さん30

スイム:6
バイク:6
ラン:6
フィジカル:6
レース:6

須田さん32

スイム:5
バイク:7
ラン:7
フィジカル:6
レース:7

河口さん15

スイム:3
バイク:3
ラン:3
フィジカル:3
レース:3

菅野さん15

スイム:3
バイク:3
ラン:3
フィジカル:3
レース:3

小泉さん15

スイム:3
バイク:4
ラン:2
フィジカル:3
レース:3

まごちゃん31

スイム:7
バイク:5
ラン:7
フィジカル:7
レース:5

期間中、特に伸びがあったメンバー

中野 未奈子

MINAKO NAKANO

本人コメント:
できることは取り入れて、自分に合えば継続!

「KONAチャレ・スタート以降、効果を実感しているコト・モノを挙げると、以下のとおりです。

1.筋トレパーソナルトレーニング/体幹(の筋力)が足りないと言われたので。R-Body S.O.A.Pを基に出していただいたメニューに沿ったトレーニングを実践。週一で見てもらってます。

2.サプリメント/WINZONE、ニッスイのスポーツEPAなど、桑原弘樹さんおすすめのサプリを摂取、貧血が低減されました(桑原さんが講師の宮古島対策サプリメントセミナーも受講)

3.スイムパーソナルレッスン(AQUALAB)/フォームの見直しができた。その後も水中で自分の身体がどうなっているかを少し客観視できるようになった気がする。

4.Yagi Running Teamのスピード練(ラン)/SPORTS SCIENCE LABの三田さんのもと、キツい練習をできたのが結果につながってきたと思ってます。

5.バターコーヒー/トレイルランナーの矢田夕子さんに教わって、朝ごはんをグラスフェッドバターとMCTオイル入のコーヒーで代替。脂肪のエネルギー変換効率が良くなるそうです。まだ検証中ですが、マラソンで補給の量が減ったことを実感」

TKコメント:
フィットネスから目的をもったトレーニングに進化

「この通信簿はKONAスロット(アイアンマン世界選手権への出場権)獲得という目標に対する進捗(今、それぞれのメンバーがKONAにどのくらい近づいているか?)という観点で、つけましたが、KONAチャレ企画スタート時点からの伸び率で言えば、中野未奈子さんが一番ですね! スタート地点が低かったということもありますが、取り組む姿勢が、趣味のフィットネスから、目的をもったトレーニングに変ったことが大きいでしょう」(TKより)

山田 航

WATARU YAMADA

本人コメント:
ケガ明けで強度を上げられないなら、量でカバー

「トレーニングの方法自体は特に変わったことはしていないのですが、ケガ(大腿骨骨折)明けで強度を上げられないため、ボリュームは他人に負けないようにと思って練習してきました」(山田さん)

TKコメント:
明確な目的意識のもと、やるべきことを積み重ねている

「大腿骨骨折という大ケガから上手くリハビリを重ね、トレーニングを順調に元あるレベルに戻してきて、パフォーマンスが上がっています! 中野さん同様、山田さんもやはり明確な目的意識をもって、一つひとつやるべきことを積み重ねているから、成長できているのだと思います」(TKより)