MEMBER PROFILE

直感と計画性を持ち合わせたしっかり者。

永堀 悟SATORU NAGAHORI

活動拠点
神奈川県
得意種目順
ラン > スイム > バイク
トレーニング
時間
17時間/週

目標

KONAスロット獲得レース

2019年6月
IMケアンズ
決意コメント

この半年間でバイクとランを徹底的に鍛え直して目標を達成します!

KONA出場までのロードマップ

KONAフィニッシュイメージ

目標タイム
9:40:00
SWIM
0:57:00(1’30"/100m)
BIKE
5:20:00(33.75km/h)
RUN
3:15:00(4’37"/km)

イメージ達成のためのトレーニングは

【スイム】
フォームの改善、量と質を大切とした泳ぎ込み。週3回プールに通うことを目標とし、足りない分は陸上でも行えるスイムフォームの強化でカバーする。

【バイク】
今まで避けて来たローラー台によるトレーニングを積極的に取り入れ、ペダリングの技術とパワーの両方を格段に向上させる。

【ラン】
フルマラソンを2:45:00(3’55/km)で完走できるぐらいの走力を基準としたメニューを作成する。

トレーニングをするためのライフスタイルは

平日の夜はトレーニングを行えないことが多いため、早朝トレーニングを練習の柱にできるように生活リズムを整える。具体的にはpm11:00〜12:00までには確実に就寝し、am4:00〜5:00には起床し、最低でも2時間のトレーニングを確保する。

どのようなコースでコナ出場権をとるか

自分は何アスリート?

プロフィール

主なレースリザルト

2015 世界トライアスロンシリーズ横浜(スプリント) 
1:12:40(総合1位)

2015 トライアスロン宮古島 
9:39:46(総合85位 年代別8位)

2014 九十九里トライアスロン
2:21:43(総合7位 年代別1位)

2014 つくばマラソン
2:56:20

2014 湘南国際マラソン(ハーフ)
1:20:22

2014 湘南国際マラソン(ハーフ)
1:20:22

2012 板橋cityマラソン
2:51:56

本人一言コメント
2016年の練習日記にこう書いていました。「KONAを本気で目指してみたい日になった。レースをみて最高にしびれた!! 自分も5年以内に必ずあの舞台に立ってみせる‼」今までの自分を変える勇気と最後まで諦めない覚悟はできています。

パフォーマンス計測

トータルパフォーマンス

KONAチャレメンバーの現在の身体能力を可視化。
グラフの面積が大きくなるほど、KONA出場の可能性が高まることが分かる。

VO2MAX

運動中に体内に摂取される酸素の
単位時間当たりの最大値。
この値が高いとより多くの酸素を
体に蓄え・供給することができる。

計測協力:sports science lab

AT値

有酸素運動から無酸素運動に変わる
運動強度の境界値で、
フルマラソンでベストタイムを出すための
適正心拍数。

計測協力:sports science lab

AT値走速度

現状の心肺機能・脚力における、
フルマラソンで自己ベストが期待できる
1kmあたりの平均ペース。

計測協力:sports science lab

20分間走

AT値(有酸素運動ができる最大心拍数)で20分間走った距離。

SOAP

体のコンディションを骨格のゆがみや
関節の可動域などをチェックし、評価した数値。
14点以上、及び各テストに1点がなければ身体機能に問題はない。

計測協力:R-Body

800mTT

800mを全力で泳ぐタイムトライアル。

プル20分測定

トライアスロンスイムに必要なストロークの質を評価・測定。
プルブイを付けて20分泳ぎ、どのくらいの流水速度(50mのタイム換算値)で泳げたか測定する。
グラフでは20分間の平均値

計測協力: SPORTS SCIENCE LAB
計測詳細はこちら

FTP値

1時間維持できるパワー(ワット数)の最高値。

計測協力: endurelife