About KONA Challenge

オリンピアンも憧れる、
雲の上の世界に挑む
挑戦者たちのリアルタイムストーリー。

マラソンランナーとオープンウォータースイマー、サイクリスト、持久系アスリートとして一番強いのは、どいつだ?

1978年、ハワイ駐在の海兵隊員らの酒場での与太話から始まった「IRONMAN」(アイアンマン)は、奥深い魅力を湛えた究極のエンデュランススポーツイベントとしてハワイからアメリカ本土、欧州、オセアニア、アジアへと広がり、2018年現在、世界各地で年間40を超える大会が開催されるまでに発展しました。なかでも発祥の地、ハワイで毎年10月に開催されるIRONMAN World Championship(以下、KONA)は予選レースを勝ち抜いた一握りの強者にしか参加できない特別なイベント。KONAチャレンジは、KONA未経験者たちが、「元々ポテンシャルの高い人にしか出られないレース」と言われ、オリンピアンたちをして「いつか出てみたいレース」と言わしめる「雲の上の世界」に挑む、挑戦の物語です。

超えるべき難関への道を、
自ら描いて実行する。

KONAチャレンジでは、Luminaやプロジェクトリーダーの竹谷賢二さん(TK)が、メンバーたちの目標達成に向けた計画を立て、手取り足取りレベルアップのための指導をしていくわけではありません。あくまでも主体は参加メンバー自身。彼ら彼女らが自らの現状を踏まえてKONA出場のためにクリアしていくべき課題を洗い出し、目標達成に向けたプランを作成・実行していきます。

LuminaやTK、各協力施設のスペシャリストたちは、そのPlan/Do/Checkに必要なエレメント(客観的指標やアドバイス、情報、アイテムなど)を提供し、目指すべき方向や具体的なアプローチのあり方(仮説)について一緒に考え、その実践や見直しをサポートしていきます。このサイトでは、12人のレギュラーメンバーの関連データやそのときどきの目標設定、週ごとの練習状況などを公開し、それぞれのプランの進捗をリアルタイムで追うことができます。

12+20=無限大
総勢32人でKONAを目指す

300人以上の応募者の中から選ばれし12人のレギュラーメンバー。その選考に一歩届かなかった20人もフレンドメンバーとして一緒にKONAを目指しています。

レギュラーメンバーに負けずとも劣らないやる気に満ちた20人のフレンドメンバーたち。その存在は、ときにレギュラーメンバーを鼓舞し、後押しします。さらに、レギュラーメンバーがKONAを獲得するなど、場合によってはフレンドメンバーがレギュラーメンバーに昇格することもあります。2つのメンバー構造により、より強い団結力と程よい競争心が生まれ、切磋琢磨してパフォーマンスアップを目指します。

レギュラーメンバーを見る
フレンドメンバーを見る

KONAチャレの楽しみ方

自分に似たメンバーを探してみよう!

性別、年齢、レース実績や得意種目、生活環境など、自分と共通点のあるメンバーを探して、そのトレーニングの進捗や、チャレンジの行方に注目してみよう。

「いつかは自分もKONAへ!」と考えている人や、トライアスロンで自己ベスト更新を目指している人はもちろん、それ以外のスポーツを楽しむ人も、目標を設定して、それをクリアしていく、トレーニングの楽しみ方やヒントを見つけられるかも。

メンバー一覧を見る

PROJECT LEADERトータルアドバイザー

TK /竹谷賢二

会社勤めのサラリーマンアスリートからプロに転向し、マウンテンバイク(クロスカントリー)競技の全日本選手権優勝4回、2004年アテネ五輪日本代表にまで上り詰めた理論派アスリート。プロとして現役を退いた2012年からは、指導者として活動しながらトライアスロンにも挑戦。アイアンマン世界選手権(KONA)に 6年は連続出場を果たしている

モチベーションの高いメンバーとともに
自分自身もKONAに挑み続けていきます

自分は今年(2018年)トライアスロンを始めて7年目のシーズンに突入。KONAには、トライアスロンを始めた年から6年連続、6度出場していて、自分のトライアスロン、生活の中で非常に大きな割合を占めている・・・いえ、ほぼすべてがKONAにつながっていると言ってもいいでしょう。それくらいのインパクトを彼の地で受けています。このプロジェクトでは、そのKONAを目指すモチベーションの高いアスリートが集い、ともに2020年の出場に向けて挑んでいけることをうれしく思います。そして2020年、メンバーの皆さんとコナでお会いしたときには、自分はKONAでの表彰台に立てるように、ともに挑んでいきたいと思います。

FACILITY施設紹介

AQUALAB

最新鋭のスイムトレーニング施設を使い、アテネ・北京両五輪金メダリストの北島康介が主宰する「KITAJIMAQUATICS」のノウハウでスイムフォームのチェック・指導を行う。世界各国のトップアスリートに愛用されている動作分析システムを用いたアドバイスも手がける

VIEW WEBSITE

Endurelife

KONAチャレンジのプロジェクトリーダー(トータルアドバイザー)でもあるTKが代表を務めるスポーツカンパニー。
本企画では、神奈川県厚木市のスペシャライズドジャパン本社1Fに構えるラウンジで、バイクのフォームチェックやパワー(出力)測定などを行う

VIEW WEBSITE

R-body project

トップアスリートや市民アスリートのコンディショニングからトレーナーの育成までを展開するコンディショニングのスペシャリスト企業。KONAチャレンジでは、ボディバランスのチェックやカウンセリングなど、医学的根拠に基づくコンディショニング指導を担当する。

VIEW WEBSITE

SPORTS SCIENCE LAB

トップアスリートにしか利用できなかった最先端のトレーニング機器を利用し、低酸素トレーニングやランニング指導、数値根拠・生体データに基づくトレーニングメニューの提供などを展開している。KONAチャレンジでは、VO2MAX測定やランニングフォームのチェックなどを担当する。

VIEW WEBSITE